Category Archives: 未分類

キャッチコピーには言葉の力が大切

言葉には「強い言葉」と「弱い言葉」があります。
売れるキャッチコピーを考える前に、まずはキャッチコピーがどのような構造で出来ているのか考えてみましょう。
「キャッチコピーを考えるのは苦手」という方はまず構造から考えてみてください。

キャッチコピーに大切なのは「センス」ではなく所詮は言葉の組み合わせであるんです。
しかも短い文章です。
長文ではないから接続詞も多用せず主語や述語も関係なく
基本的な文章のルールで学校の作文ほど細かくはありません。
誰でも言葉さえしていれば作れるものなのです。

ただ、「故土場」には「強い言葉」と「弱い言葉」があり、世の中には「売れるキャッチコピー」と「売れないキャッチコピー」の差が出来てしまうのも現実です。
そう考えると「キャッチコピーの販売力」はその元となる言葉の力に注目しなければなりません。
キャッチコピーの「言葉の力」を強くすることができればおのずから売れるキャッチコピーとなります。
例えば
「安い家具」というよりは「激安家具」という言葉のほうが強いです。
「安い」という言葉よりも「激安」という言葉には販売力が梅雨老いものdす。
例えば
「美味しいチーズケーキ」というよりは「お口の中でとろけるような味わいのチーズケーキ」のほうが単に「おいしい」ということばよりも読んだお客の頭の中のイメージはより具体的で強力である。
このように表現する言葉を対比しすることにより、伝達力の強弱を比べてみればよく理解できるかもしれません。
故キャッチコピーに使う言葉は
「より強い言葉」「より具体的なイメージを想像させる言葉」
を探し出すことが大事です。
もちろん、この判断基準は自分の判断基準に陥りやす事にも注意しなければなりません。
顧客ターゲットの年齢や収入などターゲットを想定した層に刺さるい言葉を考えなければなりません。
古株の担当者が自分の娘くらいの女子高生相手の商品にキャッチコピーを考えるとトンチンカンな場合もよくあるのです。
キャッチコピーを考える時は恥も外聞も捨ててそのたーけっと同になり切って考えることが大事です。
男性ならば読気には「オカマ」になったくらいのオネエ言葉でしばらく会話するくらいでもかまいません。
なりきったところから、強い言葉が見つかるのです。
マジマンジー
ゴイスーな言葉をペケラッチョ!
ロレックス ボロボロ 形見 修理

仕事の勉強は「広く浅く」を繰り返すのが早道の効率的

新しいことの仕事でチャレンジする時にはまた学生時代のように勉強しなければなりません。
机の前にかじりつくことが当たり前で苦でもなかった学生時代とは異なり、社会人になって久しければなかなか長時間も集中して勉強なんかなかなかできるものではありません。

とにかく最初は「広く浅く」勉強する
これが大事です、
なぜなら99%の人は最初の入り口のスタートで躓き諦めて挫折するのです。
細かいことは気にしないワカチコワカチコ
という芸人さんが言っているように
とりあえず流し読みでもかまわない
うすっぺらい入門書でもかまわない
ザーーーと流し読みするのです。

入口のスタートでつまずかないコツは、まずは全体像の把握することから始めることなんです。
いきなり細かいところを断片的に深く研究しても、それが全体像のどの部分なのか?が把握できなければあまり意味はありません。
宅配型 トランクルーム 比較

■歴史の勉強に置き換えてみると・・・
たとえば歴史の勉強に置き換えてみてみましょう。
歴史の勉強を効率的に進めるにはざざっと縄文時代から現代までざっくりと把握する方がイメージが湧きますよね。

いきなり縄文時代のことだけをネチネチと深く掘り下げるよりも、
縄文時代から現代まで
・簡単な年表を作成する
・漫画で読む日本史
とか最初は小学生レベルの参考書を読破します。
その次に
高校生レベル
その次に細かいテーマの
大学生レベル
そういう風にステップアップすることが大事です。

このように全体を把握することから始めるのは社会人の勉強でも同じです。
ひとつのことを完璧にこなしてから次に行くというのは効率t歴ではありません。
中途半端でもなんでも、とにかく全体をひと通りやってしまうことが大切です。

これをもう一回、さらにもう一回
繰り返すことによって
最初の1回目でわからなかったことが2回目にはわかることが増え3回目ではさらにわかることが増えてくることでしょう。

社会人の勉強は
・広く浅くが鉄則です
・それを何度も繰り返すのが鉄則です

広く浅くを繰り返しながら少しずつ深いところを理解していくことなのです。

仕事を有利に進めていくためにはプログラミングスキルは必須!

学校教育にプログラミング学習が取り入れられたことからもわかるとおり、プログラミングの注目度は高まりつつあります。
プログラミングって専門知識を持った人しかできないイメージがあって、なんとなく取っつきにくいイメージがありますよね。
でも今の時代、直接プログラミングに関係のない職に就いている人でもプログラミング知識を身に付けておいたほうが得です。
エクセルを使っている時も、ちょっと複雑な計算をしたいとき、SUM関数などの基本的な機能では事足りないことってありますよね。
そういった場合、自分でサクッとプログラムを組めばあっさりと問題を解決できたりします。
仕事をしていく上でいろんな場面で役に立つスキルがプログラミングです。
英会話を勉強するぐらいならプログラミングを勉強するほうがよいといっても過言ではありません。
最近では英会話スクール同様、プログラミングスクールも増えつつあります。
たとえば、コーチテックもそのうちの1つです。
コーチテックは最短2ヶ月でスキルが身に付くプログラミングスクールです。
コーチテック
2ヶ月で身に付く理由は、徹底的に学習を効率化しているからです。
コーチテックには授業というものがありません。
授業はどうしても受け身学習になってしまうので、なかなか知識やスキルが身に付きません。
だからコーチテックではカリキュラムに沿って毎日自分で学習を進めていくスタイルを採用しています。
もしわからないことがあれば、専属コーチにLINEチャットで質問することができます。
9時から21時であれば、ほとんど30分以内に返信してもらえますよ。
だから、わからなくて学習が進められないということは無いわけです。
質問回数に制限は無いので、わからないことはどんどん質問していくのがいいでしょう。
また、専属コーチは現役のITエンジニアなので、本やインターネットで学ぶよりも、より実戦的な情報を得ることができます。
なので、コーチテックでプログラミングスキルを身に付けることができれば、ITエンジニアとして転職することも可能です。
現在の日本の社会ではITエンジニアが圧倒的に不足しています。
完全に売り手市場なので転職するには有利なタイミングと言えるでしょう。
AIの発達やコロナショックにより、今後、働き方は大きく変わっていくはずです。
人手がいらなくなる職種も増えつつありますよね。
でも、ITエンジニアは今後も需要が増えていくので、リストラなどに怯えることはなくなります。
今後どんな時代になったとしても、プログラミングスキルさえあれば、有利に仕事をしていけると言えるのではないでしょうか。

プログラミングスキルを身に着けて他者と差別化!

パソコンが普及した現在はパソコンスキルを持っているほうが有利です。
最近はパソコン以上にスマホが普及したこともあり、スマホはよく使うけど、パソコンを使うことはほとんどないという人も多いのではないでしょうか。
特に若者にこの傾向がみられるようですね。
でもパソコンは仕事をするうえで必須のツールと言っても過言ではありません。
パソコンを活用することが効率よく仕事を進めていく秘訣と言えるでしょう。
たとえば、マイクロソフトのエクセルでマクロを使えるようになると、複雑な計算も瞬時にこなすことができます。
さらにプログラミングのスキルも身に着けることができれば、もっと複雑なことを驚くほど短時間で終わらせることだってできます。
近年、学校教育でプログラミングの授業が取り入れられるようになりました。
それだけプログラミングは大事だという認識が世間に広まっているということですね。
プログラミングと同様、英語を身に着けることの重要性は誰でも知っています。
英語はかなり前から学校教育に取り入れられていますが、ほとんどの日本人は英語が話せません。
せっかく学習しても使いこなせなければあまり意味がありませんよね。
プログラミングも英語と同じように、「習ったけどほとんど活用できない」という人はこれからどんどん増えていくかもしれませんね。
逆を言うと、プログラミングスキルを身に着けることができれば他の人との差別化につながるということです。
短時間で仕事をこなすことができれば、より多くの収入を手にする可能性が高まります。
そのために、今からプログラミングを学習することはとても有意義なことと言えるでしょう。
そうはいっても、プログラミングの学習をはじめるにあたり、そもそも何から手を付けていいのかわからないという人も多いかと思います。
本屋に行けば専門書が手に入るのでプログラミングを独学で身に着けることも可能です。
でも、それは簡単なことではありません。
これはプログラミングの最初の壁ともいうべきもので、壁の中でも最も高い壁と言えるでしょう。
この最初の壁をいかにして乗り越えるかがプログラミングを身に着けられるかどうかの鍵になります。
一番のおすすめはプロに壁の越え方を教えてもらうことです。
当然それなりのコストがかかりますが、一人であてもなくさまようことを考えるとかなりの時間の短縮が期待できるので支払う価値は十分にあります。
たとえば、コーチテックは現役のエンジニアが専属でついてくれるので短期間でプログラミングスキルを身に着けることができます。
よくある授業形式のプログラミングスクールではなく、結果を重視したコーチングスタイルが採用されています。
わからないことはLINEで質問し放題です。
値段は25万と高額ですが、それでもほかのプログラミングスクールよりは安価です。
コーチテック 値段
自分への投資と考え、支払ったお金は近い将来、ほかのお金を引き連れてきっと戻ってくるはずです。

汗水たらすよりも頭を使って効率的に稼いでいきたい!

「汗水たらして一生懸命仕事にはげむ」というのはすばらしいことです。
そして、多くの人は毎日毎日会社に行って仕事を頑張っています。
私はそれが人生をおくるうえで一番大切なことだと思っていました。
毎日会社に行っていれば毎月決まった日にお給料が銀行口座に振り込まれます。
確かにこれはこれですばらしいんですが、自分にとって幸せな人生というのはどういうものなんだろうと改めて考えてみると、毎日会社に行くことが本当に正しいのかという疑問が出てきました。
多くの会社での就業時間は大体7~8時間です。
これが実質の労働時間ですね。
でも会社で働くためには、労働時間以外に往復の通勤時間、お昼休憩といった時間も必要になります。
たとえば、通勤で往復2時間、お昼休憩に1時間ということなら、毎日余計に3時間もの時間を割いているわけです。
労働時間が8時間の場合、11時間もの時間を会社に捧げなければいけないということですよね。
11時間というと1日の約半分です。
最近私は、ここまでの時間を会社に捧げるのはほんとうに幸せなんだろうかと思うようになりました。
もっと短時間で同額のお金を稼げたほうが幸せなはずですよね?
実際、成功者と呼ばれる人たちは短時間のうちにたくさんのお金を稼いでいます。
毎日毎日会社に行っていた私は思考が停止していたんだなと今となっては思います。
人一人が1日に提供できる労働力はたかがしれています。
今の時代、汗水たらすよりも、頭を使って効率よく稼ぐほうが幸せにつながると思います。
こんな小学生でもわかるようなことに今まで気づかなかったことに後悔してしまいます。
一番の理想的な働き方はやっぱり不動産投資などの不労所得ですよね。
でも、不労所得だけですべての生活費をまかなうのは簡単なことではありません。
まずは副業からはじめてみるのが得策です。
そうはいっても、知識が無ければ何も始まりません。
まずは副業の知識を蓄えることが必要になります。
たとえば、リアネストは不動産投資の初心者の人たちに向けて無料面談をおこなっています。
リアネストの無料面談を受けたとしても、後でしつこいセールスなどの迷惑電話がかかってくることも特にないので、安心して面談を受けることができますよ。
リアネスト 迷惑電話
今の時代、何事も情報を集めれば独学で知識を蓄えることも可能ですが、それだとどうしても時間がかかってしまいます。
人に頼るのは良くないと思ってしまいがちですが、最初のうちはリアネストのようなプロに頼るというのも1つの方法です。
独学よりもはるかに早く知識を身に着けることができるからです。
普通なら講習会などで費用がかかるところですが、リアネストは無料で質の高い情報を提供してくれます。
昔のように「汗水たらして」だけではなく、もっと効率的にお金を稼いで幸せな生活を築いていきたいものですね。

自分の中に変な思い込みが無いか振返ってみた

仕事を始めるとき、やらなければいけないのはわかっているけど、なかなかてをつけられないことってよくありますよね。
私の場合は「とりあえず5分だけヤフーニュースを見てそれから仕事に手を付けよう」ということがよくあります。
もう想像がつくと思いますが、結果的に5分以上ヤフーニュースを見てしまうことがほとんどです。
気づいたら1時間ぐらい経っているなんてこともよくあります。
そして結局仕事はほとんど進んでいないという最悪の結果になってしまいます。
こうなってしまう原因の1つは「自分は意志力が強い」と思い込んでいることだと思います。
私は心の奥底では「ヤフーニュースを見たとしても自分は絶対すぐに仕事にとりかかれる」と思っていました。
結果的に戻れないことが多かったわけですが、それでも「今日はちょっと油断したけど自分は意志力が強いから大丈夫」などと根拠の無い自信がずっとありました。
でも、そもそもこれが間違っていたんですよね。
結果だけ見れば明らかに意志力は弱いんですが、それを認めることができなかったわけです。
この負のループから抜け出すにはまず「自分は意志が弱い」と認めることです。
そしてそれに対して対策を考えます。
私の場合は、「●時になったらこの作業をする」というルールを作りました。
もちろん、自分は意志が弱いと認めたうえでです。
毎日その時間ピッタリになったら作業を開始するようにしました。
最初のうちはヤフーニュースを見たいという衝動にからますが、「少しでもヤフーニュースを見たらもう終わり」とわかっていたので、なんとか踏みとどまることができました。
今でも誘惑に負けることもありますが、以前に比べるとずいぶんとマシにはなりました。
このまましばらく続けていけば誘惑に強くなれるんじゃないでしょうか。
時間は有限なので大切に使っていかなければいけません。
そして時間はいつでもどこでもすぐに確認できるのが理想的です。
時間管理をするためにスマホを使うのもいいですが、一番適しているのはやっぱり腕時計じゃないかなと思っています。
なんと言っても時間機能に特化したアイテムですからね。
私が最近気になっているのは、ヴェアホイの腕時計です。
デンマーク生まれの比較的新しいブランドなので、日本で購入できる店舗はほとんどありません。
でも、通販なら簡単に購入することができます。
ヴェアホイ 通販
ヴェアホイは腕時計の材料に天然の木材を使用しています。
腕時計に木材って珍しいですよね。
それでいてシンプルで美しいデザインです。
「スマホ全盛の時代に腕時計?」なんて思われるかもしれませんが、腕時計はファッションの一部です。
常におしゃれを意識していると仕事へのモチベーションも上がる気がしています。
一見、仕事とは無関係なような気がしますが、意外と大切なことだと思っています。

できる人間というのは当たり前のことをコツコツと!?

短時間で仕事を終わらせてしまう人もいれば、そうでない人もいます。
残念ながら私は後者です。
子供のころはそうでもなかったんですが、社会人になってからは自分でも仕事が遅いと自覚するようになりました。
仕事のとっかかりは「短時間で仕事を終わらせるぞー!」とやる気満々なんですが、気持ちが空回りし、結局時間内に仕事が終わらないということがほとんどです。
そんな自分に嫌気がさしますが、どんなに気持ちを奮い立たせてもやっぱりダメなんですよね。
仕事のできる人はなぜ短時間で終わらせることができるのでしょうか。
きっとなにか特別なことをやっているに違いありません。
その秘密を知るためにいろいろ本を買って読んでみることにしました。
そして、なんとなく見えてきたことがあります。
それは、仕事ができる人は「時間を常に考えて仕事をしている」ということです。
1日24時間という時間は全ての人に平等に与えられています。
そのうち、睡眠で1/3はとられてしまいます。
残りの2/3の時間をどれだけ有意義に使えるかがポイントになります。
当たり前と言えば当たり前ですよね。
でも、私を含め、多くの人はこの当たり前のことができません。
わかっているつもりでも、日常生活の中では忘れてしまっているんでしょうね。
常に時間を気にする癖をつける必要がありそうです。
そこで役に立つのがアナログの腕時計です。
最近は「スマホがあれば腕時計なんかいらないっ」と言う人も多いと思います。
私もそのうちの一人でした。
でも、スマホで時間を確認する場合、「電源ボタンを押す」という動作が必要なんですよね。
そんなの当たり前だし、それぐらいやればいいじゃないかと思いますが、このワンクッションがあるかないかで「時間への執着」が大きく変わってくるんじゃないかと思うようになりました。
アナログ腕時計なら見るだけですぐに時間が確認できます。
スマホに比べ動作が面倒くさくないので、ある意味「時間を気にする癖をつけやすい」と言えます。
私がこれまで仕事が遅かったのはもしかしたら「腕時計は不要なもの」と決めつけていたせいかもしれません。
「腕時計をつけて時間に執着すれば仕事術が身につくかも?」と思ってネットで見つけたのがコレ!
ノードグリーンというブランドの腕時計です。
北欧伝統のシンプルで美しいデザインが特徴です。
数年前に生まれたばかりのブランドなのでこれまでは日本で取り扱う店舗は少なかったようなのですが、最近になって日本での本格的な店舗展開が始まっているんです。
ノードグリーン 店舗
値段は2万円~3万円といったところですね。
決して安くはありませんが、腕時計にしてはお手頃価格です。
ノードグリーンの腕時計ならつけているだけで仕事へのモチベーションも上がりそうなので「できる人間」になるために買ってみるのもアリかなと思っています。
できる人は特に特別なことをやっているわけではなく、当たり前のことを毎日コツコツと繰り返しているだけなんじゃないだろうかと今では思っています。
じつはこれがものすごく難しいことなんでしょうけどね。

できる人の生活を真似してみたらできる人になれるかなぁ?

「10日連続仕事中。休めなくてまいったよ」などと、どこか自慢げに話しかけられることってありませんか?
「うわぁ。大変ですねぇ。さすができる人は違いますね!」と、とりあえず返してはみるものの、本心では「仕事のやり方に何か問題があるんじゃないのかな?」と思ってしまうわたしはひどい人間なのでしょうか。
そういう人って大体、合コンとかでも遅れて登場したりするんですよね。
「できる人間」を装ってるんだなと思ってしまうわたしは、やっぱり薄情者なのかなと自分でも少し思うこともありますが、やっぱり仕事が忙しくても、できるだけ短時間で仕事をこなすための工夫や試行錯誤は大事だと思います。
自己啓発系の本を読んでいると、できる人は睡眠、食事、運動に気を配っている人は多いと感じます。
仕事をテキパキとこなしていくためには、健康的な体は欠かせませんからね。
仕事を効率よく行うために工夫をしようとしても、どうしても仕事にばかり目が行ってしまいます。
まあ、確かにそれはそれで大事なことではあります。
でも、意外と仕事以外のことに気を配ることが、「できる人間」への第一歩なんじゃないかと感じます。
できる人は、脳が活性化している午前中に重要な仕事を済ませてしまうことが多いようです。
そうすれば残業するようなことも少なくなって、時間に余裕がもてるようになります。
早めに家に帰って、しっかりと睡眠をとることも大切です。
また、食事にも気を配れば、日中のパフォーマンスを高めることができます。
朝食にご飯やパンといった炭水化物を摂る人は多いですが、仕事前に炭水化物をたっぷりとってしまうと、眠気を誘発します。
そうならないために、朝食には炭水化物はとらずに野菜をたくさん食べることをおすすめします。
こうすれば、腸内環境もよくなって一石二鳥です。
ただ、痩せ型の人が炭水化物を摂る量が少なくなると、さらに痩せてガリガリになってしまいます。
健康にはなれますが、病弱そうに見えてしまうので、それは避けたいですよね。
このような悲劇を避けるためには、サプリメントを活用するという方法があります。
巷にはダイエットサプリがたくさんあふれていますが、プッチェは太るためのサプリメントです。
栄養吸収能力を高めてくれるサプリメントなので、ガリガリで悩んでいる人にはぴったりです。
サプリメントにしては値段が少し張りますが、「できる人間」を目指すためと考えれば十分価値はあるはずです。
プッチェ 値段