キャッチコピーには言葉の力が大切

言葉には「強い言葉」と「弱い言葉」があります。
売れるキャッチコピーを考える前に、まずはキャッチコピーがどのような構造で出来ているのか考えてみましょう。
「キャッチコピーを考えるのは苦手」という方はまず構造から考えてみてください。

キャッチコピーに大切なのは「センス」ではなく所詮は言葉の組み合わせであるんです。
しかも短い文章です。
長文ではないから接続詞も多用せず主語や述語も関係なく
基本的な文章のルールで学校の作文ほど細かくはありません。
誰でも言葉さえしていれば作れるものなのです。

ただ、「故土場」には「強い言葉」と「弱い言葉」があり、世の中には「売れるキャッチコピー」と「売れないキャッチコピー」の差が出来てしまうのも現実です。
そう考えると「キャッチコピーの販売力」はその元となる言葉の力に注目しなければなりません。
キャッチコピーの「言葉の力」を強くすることができればおのずから売れるキャッチコピーとなります。
例えば
「安い家具」というよりは「激安家具」という言葉のほうが強いです。
「安い」という言葉よりも「激安」という言葉には販売力が梅雨老いものdす。
例えば
「美味しいチーズケーキ」というよりは「お口の中でとろけるような味わいのチーズケーキ」のほうが単に「おいしい」ということばよりも読んだお客の頭の中のイメージはより具体的で強力である。
このように表現する言葉を対比しすることにより、伝達力の強弱を比べてみればよく理解できるかもしれません。
故キャッチコピーに使う言葉は
「より強い言葉」「より具体的なイメージを想像させる言葉」
を探し出すことが大事です。
もちろん、この判断基準は自分の判断基準に陥りやす事にも注意しなければなりません。
顧客ターゲットの年齢や収入などターゲットを想定した層に刺さるい言葉を考えなければなりません。
古株の担当者が自分の娘くらいの女子高生相手の商品にキャッチコピーを考えるとトンチンカンな場合もよくあるのです。
キャッチコピーを考える時は恥も外聞も捨ててそのたーけっと同になり切って考えることが大事です。
男性ならば読気には「オカマ」になったくらいのオネエ言葉でしばらく会話するくらいでもかまいません。
なりきったところから、強い言葉が見つかるのです。
マジマンジー
ゴイスーな言葉をペケラッチョ!
ロレックス ボロボロ 形見 修理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です