仕事を有利に進めていくためにはプログラミングスキルは必須!

学校教育にプログラミング学習が取り入れられたことからもわかるとおり、プログラミングの注目度は高まりつつあります。
プログラミングって専門知識を持った人しかできないイメージがあって、なんとなく取っつきにくいイメージがありますよね。
でも今の時代、直接プログラミングに関係のない職に就いている人でもプログラミング知識を身に付けておいたほうが得です。
エクセルを使っている時も、ちょっと複雑な計算をしたいとき、SUM関数などの基本的な機能では事足りないことってありますよね。
そういった場合、自分でサクッとプログラムを組めばあっさりと問題を解決できたりします。
仕事をしていく上でいろんな場面で役に立つスキルがプログラミングです。
英会話を勉強するぐらいならプログラミングを勉強するほうがよいといっても過言ではありません。
最近では英会話スクール同様、プログラミングスクールも増えつつあります。
たとえば、コーチテックもそのうちの1つです。
コーチテックは最短2ヶ月でスキルが身に付くプログラミングスクールです。
コーチテック
2ヶ月で身に付く理由は、徹底的に学習を効率化しているからです。
コーチテックには授業というものがありません。
授業はどうしても受け身学習になってしまうので、なかなか知識やスキルが身に付きません。
だからコーチテックではカリキュラムに沿って毎日自分で学習を進めていくスタイルを採用しています。
もしわからないことがあれば、専属コーチにLINEチャットで質問することができます。
9時から21時であれば、ほとんど30分以内に返信してもらえますよ。
だから、わからなくて学習が進められないということは無いわけです。
質問回数に制限は無いので、わからないことはどんどん質問していくのがいいでしょう。
また、専属コーチは現役のITエンジニアなので、本やインターネットで学ぶよりも、より実戦的な情報を得ることができます。
なので、コーチテックでプログラミングスキルを身に付けることができれば、ITエンジニアとして転職することも可能です。
現在の日本の社会ではITエンジニアが圧倒的に不足しています。
完全に売り手市場なので転職するには有利なタイミングと言えるでしょう。
AIの発達やコロナショックにより、今後、働き方は大きく変わっていくはずです。
人手がいらなくなる職種も増えつつありますよね。
でも、ITエンジニアは今後も需要が増えていくので、リストラなどに怯えることはなくなります。
今後どんな時代になったとしても、プログラミングスキルさえあれば、有利に仕事をしていけると言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です