君は10年後の君が想像できるか?昔上司から言われた言葉

君は10年後の気味が想像できるか?
これは私の尊敬する上司から言われた言葉です。

私が独立する前の会社のことです。
その会社は当時破竹の勢いで背徴していました。
おりしも時代はバブルです。
頑張れば頑張るだけ業績が上がったよき時代です。

私は20代の頃転職をしました。
ちょっと家庭の事情で新卒で入った会社を数年で辞めたのです。
※父が肺がんの宣告を受け入院したため
落ち着いたころに、いざ再就職先を探していましたが、うまくいきませんでした。
そこで某不動産会社に勤めることになりました。
私は建築関係の大学を出ていたので当初 企画設計部に配属されると聞いていましたし。その配属先の課も歓迎会を開いてくれました。
しかし、その会社の慣例で入社した者は、最初の数か月間は営業部で徹底的にしごかれるのです。
これが誠にキツイ
徹底的な飛込み営業です。
何名か同期に入った物もいましたがすぐに辞めていきました。
「クッソォ!」と思いましたが私にも生活があります。
歯を食いしばって耐えました。
するとラッキーなことに大きな商談がまとまってしまいました。
それを聞いた営業部長が社長に直談判して私の配属先を営業部に変更してしまったのです。

この営業部長(現社長)は叩き上げb方で社内に反対意見を言えるような人がいないくらいワンマンでした。
なぜならその会社の売り上げのほとんどはその営業部長がたたき出しているからです。

こと営業部以外の部署であったのならばもう天国といえるくらい素敵な会社です。
他の部署の方は毎日仕事のふりをしているだけでよかったのですからね。
税金対策として福利厚生も充実していました。
某有名スポーツクラブの会員権も取得していて、他の部署の方は毎日通っていました。
私はその鬼営業部長をほぼ365日24時間一緒でした。
なぜなら家が不幸にもめちゃくちゃ近かったのです。
朝の送り迎えから夜の接待まで常に同席していました。

なにもしていなくても給料がもらえて楽しそうな他の部署の人が羨ましなぁとおもっていたころその鬼営業部長が私に
「君 10年後の君が想像できるか?」
と聞かれました。
案の定、バブルが崩壊して他の部署の人は順番にリストラされていきました。

きっと今の仕事は大変だけれど、10年後にそれがなにか意味があると思える時期が必ずやってきますよ!
自分のサインが欲しい

キャッチコピーには言葉の力が大切

言葉には「強い言葉」と「弱い言葉」があります。
売れるキャッチコピーを考える前に、まずはキャッチコピーがどのような構造で出来ているのか考えてみましょう。
「キャッチコピーを考えるのは苦手」という方はまず構造から考えてみてください。

キャッチコピーに大切なのは「センス」ではなく所詮は言葉の組み合わせであるんです。
しかも短い文章です。
長文ではないから接続詞も多用せず主語や述語も関係なく
基本的な文章のルールで学校の作文ほど細かくはありません。
誰でも言葉さえしていれば作れるものなのです。

ただ、「故土場」には「強い言葉」と「弱い言葉」があり、世の中には「売れるキャッチコピー」と「売れないキャッチコピー」の差が出来てしまうのも現実です。
そう考えると「キャッチコピーの販売力」はその元となる言葉の力に注目しなければなりません。
キャッチコピーの「言葉の力」を強くすることができればおのずから売れるキャッチコピーとなります。
例えば
「安い家具」というよりは「激安家具」という言葉のほうが強いです。
「安い」という言葉よりも「激安」という言葉には販売力が梅雨老いものdす。
例えば
「美味しいチーズケーキ」というよりは「お口の中でとろけるような味わいのチーズケーキ」のほうが単に「おいしい」ということばよりも読んだお客の頭の中のイメージはより具体的で強力である。
このように表現する言葉を対比しすることにより、伝達力の強弱を比べてみればよく理解できるかもしれません。
故キャッチコピーに使う言葉は
「より強い言葉」「より具体的なイメージを想像させる言葉」
を探し出すことが大事です。
もちろん、この判断基準は自分の判断基準に陥りやす事にも注意しなければなりません。
顧客ターゲットの年齢や収入などターゲットを想定した層に刺さるい言葉を考えなければなりません。
古株の担当者が自分の娘くらいの女子高生相手の商品にキャッチコピーを考えるとトンチンカンな場合もよくあるのです。
キャッチコピーを考える時は恥も外聞も捨ててそのたーけっと同になり切って考えることが大事です。
男性ならば読気には「オカマ」になったくらいのオネエ言葉でしばらく会話するくらいでもかまいません。
なりきったところから、強い言葉が見つかるのです。
マジマンジー
ゴイスーな言葉をペケラッチョ!
ロレックス ボロボロ 形見 修理

仕事の勉強は「広く浅く」を繰り返すのが早道の効率的

新しいことの仕事でチャレンジする時にはまた学生時代のように勉強しなければなりません。
机の前にかじりつくことが当たり前で苦でもなかった学生時代とは異なり、社会人になって久しければなかなか長時間も集中して勉強なんかなかなかできるものではありません。

とにかく最初は「広く浅く」勉強する
これが大事です、
なぜなら99%の人は最初の入り口のスタートで躓き諦めて挫折するのです。
細かいことは気にしないワカチコワカチコ
という芸人さんが言っているように
とりあえず流し読みでもかまわない
うすっぺらい入門書でもかまわない
ザーーーと流し読みするのです。

入口のスタートでつまずかないコツは、まずは全体像の把握することから始めることなんです。
いきなり細かいところを断片的に深く研究しても、それが全体像のどの部分なのか?が把握できなければあまり意味はありません。
宅配型 トランクルーム 比較

■歴史の勉強に置き換えてみると・・・
たとえば歴史の勉強に置き換えてみてみましょう。
歴史の勉強を効率的に進めるにはざざっと縄文時代から現代までざっくりと把握する方がイメージが湧きますよね。

いきなり縄文時代のことだけをネチネチと深く掘り下げるよりも、
縄文時代から現代まで
・簡単な年表を作成する
・漫画で読む日本史
とか最初は小学生レベルの参考書を読破します。
その次に
高校生レベル
その次に細かいテーマの
大学生レベル
そういう風にステップアップすることが大事です。

このように全体を把握することから始めるのは社会人の勉強でも同じです。
ひとつのことを完璧にこなしてから次に行くというのは効率t歴ではありません。
中途半端でもなんでも、とにかく全体をひと通りやってしまうことが大切です。

これをもう一回、さらにもう一回
繰り返すことによって
最初の1回目でわからなかったことが2回目にはわかることが増え3回目ではさらにわかることが増えてくることでしょう。

社会人の勉強は
・広く浅くが鉄則です
・それを何度も繰り返すのが鉄則です

広く浅くを繰り返しながら少しずつ深いところを理解していくことなのです。